ドーンと立派な広告物で経営上々|目立つ看板制作のポイントを知ろう

定量調査と定性調査

女の人

経営者はマーケティングリサーチをすることのメリットを把握しておきましょう。マーケティングをビジネスに活用しようとしている経営者は聞いたことがあるかもしれませんが、一般的にマーケティングリサーチは2つに分類することができます。「定量調査」と「定性調査」です。簡単にこの2つを説明すると、定量調査とは、調査した結果を具体的な数値で表すことができるものです。例えばインターネット調査を行なった場合、調査した人数や年齢などは具体的な数値で表すことが可能です。年齢別の利用者分布をパーセントで表すこともできるでしょう。それに対して、定性調査とは、数値よりも内容を調査することです。先ほどのインターネット調査の例では、具体的な調査内容が定性調査になります。「どんなサービスや商品があると便利か?」などの質問に自由に回答できる部分が定性調査にあたります。つまり、マーケティングリサーチとは、定量調査と定性調査の情報やデータを調べることです。マーケティングリサーチをすることで、ビジネスに活用し利用者の求めるサービスを提供することができるのです。

具体的なマーケティングリサーチの手段はアンケート調査や訪問調査、郵送やFAXを使った調査方法が一般的です。それぞれの手段には、コストや調査時間が違いますし、メリットとデメリットがありますが、自社の商品やサービスの特徴にあった調査手段を選ぶことが大事です。最適なマーケティングリサーチをしましょう。