ドーンと立派な広告物で経営上々|目立つ看板制作のポイントを知ろう

3つのポイント

白い看板

神奈川県の経営者やオーナーは宣伝をするために看板を制作する方が多くいますが、ただ制作すればよいわけではありません。専門家の話だと、本当の意味で集客できる看板は、飲食店全体の5%程度だそうです。残りの95%はどこかに改善ポイントがあるのです。集客力の高い看板を制作するときは、「3つのポイント」に気をつけて制作すると良いでしょう。

1つめのポイントは、神奈川県民に見つけてもらうことです。看板は屋外に常に設置してあるために、不特定多数の人間に宣伝をすることができるツールです。ですが、通行人やドライバーに発見してもらうことが大事です。発見してもらえない看板は宣伝効果がないので、せっかく設置しても無駄になってしまいます。

2つめのポイントは、看板を見て魅力を感じてもらうことです。店舗独自の強みを最大限にアピールすることで、神奈川県民は興味を持つでしょう。見た人の興味を引き、店舗に入ってみたいと感じさせることが重要です。そのためには、配色やデザインを工夫しないといけません。どういったコンセプトの店舗なのかを把握できるような看板を制作しましょう。

3つめのポイントは、入店したくなることです。看板とは最高の営業マンです。ですから目立つだけの看板でなく、実際に神奈川県民が入店する機会を与えるような看板にしましょう。見た人の記憶に残るような設計にすることが大事です。入り口付近を明るくして、入店しやすい環境を整えることも大事です。