ドーンと立派な広告物で経営上々|目立つ看板制作のポイントを知ろう

アナログの宣伝手段

赤と青の垂れ幕

現代はデジタル社会になってきていますので、広告や宣伝を行なう手段もデジタルになっています。デジタルの広告や宣伝はとても有効的ですが、液晶モニターからは最新の情報が溢れていますし、街なかにも多くのデジタル広告があるため目立つことができないのが現状です。これでは、本末転倒なので、今こそアナログの垂幕を宣伝や広告の手段として活用するときです。

垂幕の最大の特徴はスペースを有効活用ができることです。外壁や屋根などを宣伝や広告のスペースとして利用することができます。外壁や屋根に直接描く宣伝手段もありますが、変更することが難しいことがデメリットです。それに対して、垂幕はイベントの期間中だけ宣伝することが簡単にできます。イベントの期間が終われば取り外して、次のイベントの垂幕に簡単に変更することができるのがメリットです。時間も手間もかかりません。

さらに、今まで何もないスペースに、目立つデザインの垂幕があることで人目を惹くことができます。横長の布などに文字を書いて宣伝することが多いため、広げるとかなりの大きさになります。この大きさはとてもインパクトがあるため、それだけで宣伝効果はあります。さらに宣伝効果を高める場合は、色彩やキャッチフレーズ、キャラクターで見た人の記憶に残るように制作すると良いでしょう。デジタル社会の中に1つ垂幕があると、どうしても視界に入ってきますし、風が吹くとヒラヒラと動くため注目を集めるでしょう。