ドーンと立派な広告物で経営上々|目立つ看板制作のポイントを知ろう

定量調査と定性調査

女の人

ビジネスを発展させるためには、マーケティングリサーチをしないといけません。定量調査と定性調査の2つを行ない、利用者の情報やデータを収集しビジネスに活用する方法です。自社のサービスや商品にあった手段を選びましょう。

More...

アナログの宣伝手段

赤と青の垂れ幕

日本はデジタル社会になっています。そのため、広告や宣伝の手段のアナログからデジタルに移行していますが、デジタル広告で溢れた社会では、逆にアナログの垂幕が有効です。外壁や屋根にあるだけで目立つでしょう。

More...

3つのポイント

白い看板

経営者やオーナーは集客率の高い看板を制作する必要があります。そのためには、3つのポイントを抑えた看板を制作することが大事です。ポイントを抑えると、今まで以上に神奈川県民が来店するかもしれません。

More...

デザインと大きさを変える

看板

これからビジネスをはじめる場合は、会社の看板が必要になります。看板は会社や店舗の存在を宣伝する役割があるので、目立つようにしなくてはいけません。目立たない場合は、せっかく製作しても通行人に認識してもらえない可能性がありますし、店舗の存在に気がつかないお客さんもいるかもしれません。会社や店舗にとって何も良いことはありません。ですから、これから看板を制作予定をしている方は、目立つような工夫をしましょう。

看板制作で大事なことは、看板の種類によってデザインや大きさ変えることです。ビルの屋上に設置する看板と、店舗入り口に設置する看板は同じものにしてはいけません。看板の種類を見極めて、その役目にあったデザインや大きさにする必要があるのです。ドーンと立派な広告物で経営上々となるでしょう。

例えば、ビルの屋上に設置する看板制作の場合は、遠くから見ても認識できることが重要です。ビルの壁面の色も考慮して、文字の色やロゴマークの色を決めましょう。また、夜間は暗くなるので何も見えなくなる可能性もあります。そのために、スポットライトを設置してアピールしましょう。
店舗入口にある自立看板の場合は、店舗の目印の役目も担っています。初めて店舗を訪れたお客さんにもわかるようにアピールしましょう。自立看板は店舗前の道路の状況に影響を受けます。通行人のことも考慮して大きさを決めることが大事です。さらにお店の顔となる看板ですので、一目でわかるようなデザインにしましょう。そうすると集客率が上がるはずです。